NIKKEI Media Marketing

セミナー

  • セミナー報告

セミナー報告一覧

 2019年12月、大学のブランドの確立や認知度向上を考える「大学ブランド戦略セミナー」を東京と大阪で開催しました。東京では駒澤大学の執行理事 副学長の日笠完治氏に「近未来社会における教学と駒澤大学のブランド構築について」をテーマに講演、大阪では追手門学院大学の総務部広報課課長の谷ノ内識氏に「中堅私立大学の戦略広報」と題して現場最前線の体験談を披露していただきました。

大学ブランド戦略セミナー2019<東京・大阪>

2019年11月6日、「進化する働き方~これからの女性広報担当者に求められるスキルとは」をテーマにセミナーを開きました。デジタルメディアやSNS(交流サイト)などの進化や急速な普及、CSR(企業の社会的責任)、ESG(環境・社会・企業統治)などの重要性が高まるなか、広報部門では、女性ならではの視点やスキル、ネットワークが注目されています。今回は『日経WOMAN』編集長の藤川明日香氏と日本電気(NEC)コーポレートコミュニケーション本部長の飾森亜樹子氏を招き、メディアと企業広報それぞれの立場から、最新事例を交えて令和時代の広報最前線について、ご講演いただきました。

進化する働き方~これからの女性広報担当者に求められるスキルとは

 日経メディアマーケティングは2019年7月3日、英国の情報サービス会社、Acuris Risk Intelligence(ARI社、アキュリス・リスク・インテリジェンス)と共催で、「今、求められるAML、KYCを中心としたグローバル・コンプライアンスの課題と対策」をテーマに特別セミナーを東京・大手町で開きました。アンチ・マネーロンダリング(AML)対策やテロ資金供与防止、海外贈収賄規制問題などに詳しい弁護士が世界的な規制の現状と行方を解説、日本企業とりわけ金融機関が取るべき施策のポイントを指摘、ARI社からはグローバル・コンプライアンスに欠かせないKYC(Know Your Customer)に最適な情報ソリューションを紹介しました。

Acuris Risk Intelligence特別セミナー

 英国オックスフォード・アナリティカ社と共同でブレグジット(英国の欧州連合離脱)セミナーを、 3月28日東京で開催しました。日本経済への影響について、参加者の皆さまからのQ&Aも織り込みながら、オックスフォード・アナリティカ社のアナリストが分析・討論しました。

2019年5月16日、「進化するメディア・データビジネスと情報収集活用法」をテーマにセミナーを開催しました。SNSの普及やビッグデータ解析・AIテクノロジーの進展がもたらすメディア・データビジネスの急速な進化を日本経済新聞社編集局次長が最前線から報告するとともに、企業の社会的責任やコンプライアンスを確保しつつ、競争力の向上や「働き方改革」につながる効率的な情報収集・活用法について、実践に役立つノウハウやソリューションを紹介しました。

進化するメディア・データビジネスと情報収集活用法

 日経メディアマーケティングは2019年3月、「営業支援システムを“使い切る”データ選びと具体的活用法」をテーマに『日経人事情報』セミナーを開きました。営業組織・人材づくり支援で実績のあるコンサルティング会社、TORiX株式会社代表取締役の高橋浩一氏と、株式会社セールスフォース・ドットコム、インサイドセールス本部エンタープライズ事業部第四営業部部長の加藤鉄平氏の専門家2人を招き、データを効率的にいかし、売り上げ増と営業組織の強化・人材育成につなげる営業支援システム(SFA)の利用法を、実例をまじえ、解説していただきました。

 日経メディアマーケティングは2018年12月13日、SCRIPTSAsia(スクリプツアジア)社と共催で、「新たな局面を迎える企業のIR戦略」と題した特別セミナーを開催しました。

日経MM×SCRIPTS Asia(スクリプツアジア)特別セミナー<東京>

 2018年12月、大学のブランドの確立や認知度向上を考える「大学ブランド戦略セミナー」を東京と大阪で開催しました。東京では立命館アジア太平洋大学(APU)学長の出口治明氏が「これからの大学教育について」をテーマに講演、大阪では近畿大学の広報戦略を担う総務部長の世耕石弘氏に「知と汗と涙の近大流コミュニケーション戦略」と題して現場最前線の体験談を披露していただきました。

大学ブランド戦略セミナー2018<東京・大阪>