NIKKEI Media Marketing

Nikkei Asian Review(教育機関向け)

概要 Outline

日本を含むアジア経済圏の"今"をアジアの視点で発信する英文ニュースメディアです。

 日本経済新聞社が国内外に展開する取材力を活かし、日本を含めたアジア各国・地域の政治、経済、マーケット、企業動向、科学技術から社会・暮らし、消費トレンドまで、深掘りした分析記事をお届けします。
 独自の視点から切り取ったアジア各国・地域の特集記事やニュースはもちろん、日本経済新聞朝刊・夕刊に掲載された記事の英訳や、アジアの主要企業の企業情報(Asia300)など豊富なコンテンツでアジアの今を伝えます。

 
特長 Features

Nikkei Asian Reviewの特長

1. アジア全域が取材対象

 世界37拠点近くに広がる日本経済新聞社の海外取材網をフル活用。ニュースの裏側を解説した記事や特集記事を提供します。さらに、毎日更新する外部有識者のコラムや分析記事を合わせて読むことで、アジアの「今」を俯瞰することができます。

2. ビジネスに役立つ企業情報が満載

 成長著しいアジアの企業のニュースや株価、財務データを収録。アジア地域・企業への投資や事業連携などのヒントになるコンテンツをお読みいただけます。

3. 各種デバイスに対応

 Anytime, Anywhere! ウェブサイト、専用アプリ、プリント版がセットになった"マルチメディア"サービスです。アプリは毎週木曜日に更新。プリント版はご指定の住所に毎週、お届けします。Nikkei Asian Reviewはいつでも、どこでも、必要な情報にアクセスいただけます。

コンテンツ Contents

EDITOR'S PICKS/OPINION/Asia300/JAPAN COVERAGE

■EDITOR'S PICKS

 ニュースの裏側を解説した記事や、注目を集める政治家や経営者のインタビューが満載。綿密な取材と鋭い視点の分析で、アジアビジネスの的確な判断をお手伝いします。

■OPINION

 外部識者による、コラム、解説記事を毎日更新します。EDITOR'S PICKSとの合わせ読みで、アジアの今を多面的に理解するサポートをいたします。

■Asia300

 アジアの計11カ国・地域の主要企業から日本経済新聞社が選んだ約300社の有力上場企業群です。対象企業のニュースや、企業プロフィル、財務情報をご覧いただけます。

■JAPAN COVERAGE

 企業の決算情報やマーケット情報、経済統計など日本関連のニュースをご覧いただけます。「日本のニュースをタイムリーに英語で読みたい」という方のご要望にお答えします。

料金 Price

料金表

高校や大学、教育機関向けにアカデミックプランを用意しています。大学のゼミ、研究室、図書館などでの利用、IPアドレス認証方式のお申し込みも承ります。

教育機関向けはログインID方式、またはIPアドレス認証方式での利用が可能です。
  • 1. ログインID方式
    • IDとプリント版1冊のセットでの提供です。1契約につき3人分までIDを発行します。
      4人以上で利用の場合は、1人ごとに1IDの追加料金をお支払いただきます。

基本プラン

6ヵ月 12ヵ月
基本パッケージ 23,400円 43,200円

ID追加料金

6ヵ月 12ヵ月
追加ID(1IDあたり) 7,000円 13,000円
プリント版追加(1冊あたり) 6,000円 12,000円

(すべて税別)

  • 2. IPアドレス認証方式
    • IPアドレスで利用者を認証します。「大学」や「学部」などの単位で多くの方にご利用いただくことが可能です。詳細はお問い合わせください。
 
  • ・ お支払いはご利用期間分を一括でお願いいたします。
  • ・ 法人契約の場合、アプリ版のみの契約はできません。
  • ・ プリント版は毎週月曜日発行、郵送にてお届けします。
  • ・ アプリ版は毎週木曜日更新、App Store、Google Playからアプリをダウンロードしてご利用ください。
  • ・ 10人を超える利用の場合は、別途ご相談ください。

提供:日本経済新聞社


個人購読をご希望のお客様、個人購読に関するお問い合わせは下記までお願いします。

お電話:03-3270-0251(日本経済新聞社代表)
Nikkei Asian Review カスタマーサポート
Webサイト:https://regist.asia.nikkei.com/contact/

導入事例 Case Study