NIKKEI Media Marketing

日経人事ウオッチPro

概要 Outline

大事な取引先の人事情報をすばやく、見逃さずにチェック。メール配信でチーム共有も実現

名刺情報だけではカバーできない顧客情報をキャッチ!
約7,200社・団体の異動情報をカバー、約30万人のキーパーソンのプロフィル

 「日経人事ウオッチPro」は取引先や顧客の人事異動情報をすばやく、もれなくキャッチし、所属する部署やプロジェクトチームなどで共有できるサービスです。企業や官公庁・自治体、団体名、人物名をあらかじめ登録しておくだけで、人事異動ニュースをメールや画面上で受け取り、確認することができます。

 大量のリストも簡単な操作で登録でき、管理も安心。日本経済新聞社が運営・管理する人物データベースサービス「日経WHO’S WHO」とも連携し、役員などキーパーソンの詳しいプロフィルも閲覧できます。

初月の月額基本料無料キャンペーン実施中

初月の月額基本料無料キャンペーン実施中

日経人事ウオッチ Pro画像
特長 Features

4つのポイント

指定した会社や人物の人事ニュースをキャッチ

 国内上場企業や有力企業が発表した次長・課長クラスの人事からトップの交代、子会社間の異動や訃報・お悔やみ、叙位・叙勲、機構改革までくまなくカバー。検索対象を退職・退任、昇格者などに限定して検索することも可能です。

大量の顧客データを登録しやすいクラウド型

 リストは最大50,000件まで一括で登録できるから、管理も簡単。登録した取引先の最新の人事ニュースを、パソコンやスマートフォンで、いつでも、どこでも、確認できます。

顧客の人事ニュースを部署やチーム内で共有

 登録した企業や人物の人事ニュースを指定したタイミングで、複数のメンバーにメールで一斉通知する機能も搭載。情報共有もスムーズです。

業種・職種・役職の指定でキーパ-ソンをキャッチ

 会社名や氏名がわからなくてもアプローチすべき人物情報や新設部署もキャッチ。効率的な新規顧客開拓をサポートします。

コンテンツ Contents

検索媒体

■日本経済新聞朝刊  ■日本経済新聞夕刊  ■日本経済新聞地方経済面  ■日経WHO'S WHO人事異動情報  ■日経WHO'S WHO(人物データベース)

提供情報

組織変更や異動・昇格、叙位叙勲まで約7,200の企業・団体をカバー

 国内上場企業や主要非上場企業、官公庁、自治体などが対象。新聞に掲載されない次課長級の人事異動や、子会社間の異動、さらには訃報や叙位叙勲までカバーしています。
 
  • 人事異動
  • 訃報記事
  • 表彰記事(叙位・叙勲など)
  • 機構改革

約30万人を収録、人物データベース「日経WHO'S WHO」

 主要企業や官公庁、自治体の管理職など、約30万人のキーパーソンのプロフィルを収録。経歴や生年月日はもちろん、出身校や趣味まで、話題の糸口となる貴重な情報を提供します。
 
  • 人物情報
    (企業名、姓名、勤務地、代表権、人事異動速報、社内歴、他社での経歴、社外歴、叙勲/褒章/表彰、生年月日、学歴、出身地、趣味など)
活用シーン Usage scenes

こんな人にお勧めです

秘書部門

毎朝、取引先の役員の異動や昇格を、新聞でチェックするのは大変・・・
日本経済新聞に掲載される人事ニュースをはじめ、企業発表に基づく次長・課長クラスの人事異動まで、自動でお知らせ。
手間を省きながら、情報入手の抜け漏れを防ぎます。
導入前、導入後イメージ

総務部門

取引先の部署名や肩書きの変更は社内で共有しておきたい重要情報・・・
「人事ウオッチPro」なら、登録した企業や人物の人事ニュースに加えて、機構改革による部署名変更もカバー。
情報は複数のメンバーに一斉に通知されるので、情報共有もスムーズです。

営業支援部門

複数のお客様リストを、それぞれ管理するのが大変・・・
顧客リストを、最大200個のフォルダで一元管理。メール送信先・配信時刻の設定も、フォルダ別に簡単設定できます。

営業部門

取引先の人事異動にすばやく対応して、ビジネスチャンスをつかみたい・・・
最新の人事ニュースを打ち合わせや交渉などの直前にスマートフォンでチェック。話題づくりで円滑な商談を演出できます。
料金 Price

料金

月額 40,000円(税別)~
ID・リスト数に応じた料金プランをご用意しております。お気軽にお問い合わせください。

提供:日本経済新聞社