NIKKEI Media Marketing

Excedo(エクセド)

概要 Outline

グローバルで勝ち抜くための実践型スマホ教材、ビジネスパーソンに必要なスキルと英語力を身につける

日本経済新聞社とFT の共同出資会社 “日経FT ラーニング” が開発したオンライン研修
グローバルで活躍できるためのスキルと英語力習得をサポート

 カリキュラムは、世界経済フォーラムや経済協力開発機構(OECD)が定義したグローバルなビジネススキルの枠組みが基盤となっています。「21世紀型スキル」をベースにスキルワークを構築、言語学習、コミュニケーションスキル、そして異文化対応スキル習得を組み合わせた唯一の英語学習ソリューションです。

 専門のランゲージ・コーチとラーニング・カウンセラー、2つの専門家チームが指導にあたり、学習者が継続して学習を行えるよう全面的にサポートします。

 「Excedo」で学んだビジネスパーソンは、過酷なグローバルビジネスの世界でも自信を持ってコミュニケーションが取れ、顧客との新たな関係構築や新規事業の創出ができるようになります。
グローバル・ビジネススキル・フレームワーク

グローバル・ビジネススキル・フレームワーク

特長 Features

海外でのビジネスシーンを動画で疑似体験、とことん「場数」を踏めるプログラム

実践を通して学ぶ「アクティブ・ラーニング」

 グローバルビジネスコミュニケーションに必要とされる10つのスキルを取り上げ、ビジネスのケーススタディをもとにロールプレイを通じて学ぶことができます。従来の座学を中心とする「パッシブ・ラーニング」より学習性が5.6倍も高いとのデータもあります。

細分化されたレッスンをスマホを使って自分のペースで学習「マイクロ・ラーニング」

 語学学習では繰り返し何度も練習することが重要ですが、ビジネスパーソンにとって、そのための時間を確保することが難しいことも事実です。「Excedo」は、数分のタスクに分割されたレッスンをモバイル環境から学習できるので、学習を毎日の習慣にしやすく、身につきやすくなります。ドイツのドレスデン大学の調査では、従来の学習法に比べ、マイクロ・ラーニングでは知識保持率が22%も高まることが報告されています。
イメージ

2つの専門家チームが指導、学習者をオンラインで全面的にサポート

 「Excedo」のチームは、語学学習、オンライン教育、ビジネススキル開発、そしてデジタル技術のエキスパートで構成されています。
 ビジネス経験が豊富な海外の専任講師「ランゲージ・コーチ」、学習者からの質問などに答える「ラーニング・カウンセラー」が継続的に学習をサポートします。
 実際のビジネスの世界と同じように、ランゲージ・コーチは、様々な背景や国籍を持った経験豊富なコーチを採用、学習者は様々な英語のなまりや文化的背景、指導スタイルを体験することができます。ラーニング・カウンセラーは、学習者に母国語でサポートを提供します。
料金 Price

料金

10コース(最大受講期間 1年間) 36万円(税別)

5コース(最大受講期間 6カ月) 18万円(税別)


トライアルについてはご相談ください。
提供:日経FTラーニング