NIKKEI Media Marketing

新規株式公開(IPO)~オリジナル・ケーススタディ 20191119

概要 Outline

早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター「インベストメント・バンキング講座」新規株式公開(IPO)~オリジナル・ケーススタディ 20191119

財務系実務/半日(3h)

日時 2019年11月19日(火) 14:00~17:00
プログラム
概要
 IPOの意義及びメリット・デメリット、IPO市場の現状、資本政策、上場申請の概要及び公開価格の決定がされるまでのプロセスについて説明します。特に、公開する企業にとって最も重要である公開価格決定及び上場後の株価形成に影響を与える重要な要素について、実務的ケース・スタディを通じて解説します。
講師 早川 亮(元ドイツ証券 株式資本市場部 ディレクター)
会場 早稲田大学26号館(大隈記念タワー)7F
東京都新宿区早稲田鶴巻町516
受講料 27,000円(税込)
11月19日 1日受講(+エクイティ・ファイナンス)48,000円
コンテンツ Contents

Session 1 新規株式公開の概要 14:00~15:00(60分)

  • 1. IPOの意義、公開価格の重要性、メリット・デメリット
  • 2. 上場市場(東証、ジャスダック、マザーズ)の特徴及び上場基準
  • 3. オファリング・ストラクチャー、公開価格の重要性
  • 4. 資本政策、演習問題
  • 5. 上場までのスケジュール、公開準備プロジェクト・チームの役割
  • 6. 上場審査手続き、上場申請のスケジューリング
  • 7. プレ・ディール・リサーチについて

Session 2 価値算定・公開価格決定 15:00~15:30(30分)

  • 1. 公開企業の企業価値のコンセプト
  • 2. DCFモデルによる価値算定
  • 3. 類似企業との比較によるバリュエーション
  • 4. 想定公開価格、仮条件(価格レンジ)、公開価格決定までの流れ
  • 5. エクイティ・ストーリーの構築、経営陣によるロードショーの実施、株式セールスによる販売活動
  • 6. ブックビルディング価格レンジ、公開価格の決定、アフターマーケット

Session 3 オファリング・ケーススタディ 15:30~17:00(90分)

  • 1. IPOのオファリング概要、オファリング・ストラクチャー、オファリング日程
  • 2. 類似会社、バリュエーション比較
  • 3. 投資家へのプレ・マーケティングの実施、フィードバックの活用
  • 4. 価格レンジの決定、ブックビルディングの実施方法、公開価格決定及び投資家への配分について
  • 5. アフターマーケットの分析
料金 Price

27,000円(税込)
11月19日 1日受講(+エクイティ・ファイナンス)48,000円(税込)

早稲田大学FM&IB講座事務局(TEL.03-5295-6240/wasedafmib@nikkeimm.co.jp)の営業時間は、休日を除く月曜日~金曜日の10時~17時です。上記ご案内は2019年 7月19日時点での予定です。日程・講師・内容・時間割等は、都合により変更させていただく場合がございます。