NIKKEI Media Marketing

エクイティ・ファイナンス~オリジナル・ケーススタディ 20191119

  • エクイティ・ファイナンス~オリジナル・ケーススタディ 20191119
概要 Outline

早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター「インベストメント・バンキング講座」エクイティ・ファイナンス~オリジナル・ケーススタディ 20191119

財務系実務/半日(3h)

日時 2019年11月19日(火) 10:00~13:00
プログラム
概要
 エクイティ・オファリングを実施する際に考慮すべき市場の特性・投資家層について学び、発行ストラクチャーの選定、マーケティング戦略及びそれに伴うドキュメンテーション・プロセスの一連の流れを詳説します。
講師 早川 亮(元ドイツ証券 株式資本市場部 ディレクター)
会場 早稲田大学26号館(大隈記念タワー)7階
東京都新宿区早稲田鶴巻町516
受講料 27,000円(税込)
11月19日 1日受講(+新規株式公開:IPO)48,000円
コンテンツ Contents

Session 1 エクイティ・オファリングの発行市場 10:00~10:30(30分)

  • 1. 日本株式の市場取引実態
  • 2. 国内、海外発行市場、メリット・デメリット
  • 3. オファリング・ストラクチャーの選択肢
  • 4. 投資家層及び投資家ターゲティング

Session 2 エクイティ・ファイナンスに関わるドキュメンテーション・プロセス 10:30~11:30(60分)

  • 1. 公募増資発行プロセス及びスケジュール
  • 2. 公募増資における関係者及び役割
  • 3. 目論見書作成、引受契約書等必要書類
  • 4. デューディリジェンス、引受審査プロセス
  • 5. オーバーアロットメント(グリーン・シュー・オプション)の概念
  • 6. 転換社債発行における関係者及び役割、発行日程
  • 7. 転換社債発行スケジュール

Session 3 エクイティ・ファイナンスにおけるマーケティング・プロセス 11:30~13:00(90分)

  • 1. 公募増資におけるマーケティング・プロセス
  • 2. エクイティ・ストーリーの構築とその重要性
  • 3. 企業によるインベスター・リレーションズ(IR)活動の重要性
  • 4. 経営陣によるロードショーの実施
  • 5. 株式セールスによる販売活動及びリサーチ・アナリストの重要性
  • 6. 価格ディスカウント・レンジ
  • 7. ブックビルディング(需要積上げ)、プライシング(発行価格決定)及び投資家への配分
  • 8. 転換社債(CB)発行時のマーケティング・プロセスの特徴
  • 9. ケーススタディ(マツダ、SBIホールディングス、KDDI、高島屋、ラウンドワン、ANA、エルピーダ他)
料金 Price

27,000円(税込)
11月19日 1日受講(+新規株式公開:IPO)48,000円(税込)

早稲田大学FM&IB講座事務局(TEL.03-5295-6240/wasedafmib@nikkeimm.co.jp)の営業時間は、休日を除く月曜日~金曜日の10時~17時です。上記ご案内は2019年 7月19日時点での予定です。日程・講師・内容・時間割等は、都合により変更させていただく場合がございます。