NIKKEI Media Marketing

日経スマートクリップ office

概要 Outline

キーワード登録で日経ニュースを自動収集・配信・共有

 「日経スマートクリップ office」は日本経済新聞(朝刊・夕刊)や日経産業新聞、日経MJ(流通新聞)などに毎日掲載、配信されている記事から、必要な記事を自動で収集し、メールやウェブサイトへ配信、共有できるサービスです。ご利用者が目的や対象に応じて「キーワード」を登録し、配信先を指定しておくだけで、必要なニュースについて、きめ細かく、迅速で確実な情報共有が実現します。

 サービスは日本経済新聞社が提供、記事利用許諾のための手続きは不要です。著作権侵害の心配なく、ご利用できます。

 特別なソフトウエアがいらない「クラウド型」サービスです。簡単な設定で始めることができます。マルチデバイス対応だから、パソコンやスマートフォンやタブレット端末でも最適化した画面で閲覧できます。

 気をつけたい著作権問題もクリア。広報・企画部門やマーケティング、秘書室などの業務をスリム化する情報ツールとして、大手メーカーや金融機関などの導入が加速しています。

【動画】著作権をクリア!その秘密は?

 なにげなく、行っている新聞記事などのコピーの配布やメールの送信、社内のイントラネットへの掲示―――。これらはすべて「著作権侵害」の恐れがあります。どうしたら、クリアできる?その答えをこの動画で紹介します。社内情報力のアップ、業務の効率化にぜひ、お役立てください。

特長 Features

日経スマートクリップofficeの特徴

著作権処理不要

 新聞記事を切り抜き、コピーして社内回覧する際は著作権上の許諾契約が必要です。日経スマートクリップの料金には記事の利用許諾分が含まれるため、個別の手続きは不要になります。

記事回覧の自動化

 自社や競合情報・業界情報など、自社にとって重要な情報を社内に一斉自動配信できます。新聞記事のピックアップ・回覧など作業の負担が軽減します。

簡単導入

 パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットなどデバイスを問わず配信できます。社内ポータルサイトなどへの組み込みも簡単です。メールでのプッシュ配信により、重要記事を見逃しません。

コンテンツ Contents

提供コンテンツ

日本経済新聞 朝刊   日本経済新聞 夕刊   日本経済新聞 地方経済面   日経プラスワン

日経産業新聞   日経MJ(流通新聞)   日経ヴェリタス

※ 直近7日分がクリッピング対象です。
※ 当日の朝刊は午前6時頃に見出しと本文(テキスト形式)、午前7時30分頃に記事の切り抜きイメージ(PDF 形式)を更新します。
※日本経済新聞以外の全国紙や専門紙を追加できます。(詳細は日経スマートクリップplusへ

仕様 Specs

主な機能

記事クリッピング

最新記事クリッピング

 設定されたキーワードでヒットした最新記事を毎日配信します。記事は本文まですべて読めます。新聞記事は切り抜きイメージをPDFで見ることもできます。

ランキング

閲覧ランキング

 社内でよく見られた記事を自動集計し、ランキング形式で表示・共有できます。他の人がどういった記事に注目しているのかが一目でわかるから、重要な記事が把握でき、読み逃しを防ぐことができます。

保存・印刷

重要記事の保存・印刷

 取っておきたい記事は、一人一人が保存でき、後からいつでも読み返すことができます。記事の切り抜きイメージPDFを印刷することも可能です。

料金 Price

料金

 ID数・配信件数に応じた料金テーブルを用意しております。気軽にお問い合わせください。

当初料金 月基本料金の2ヵ月分
ID数(利用者数)に応じた完全定額 20ID、配信件数500件まで 月額83,000円~
21ID以上の価格はお問い合わせください

(すべて税別)

導入事例 Case Study

導入事例