CPC負債コスト/企業価値マルチプル関連データ

概要 業種別DC マルチプル 個社DC

マルチプル法による企業価値評価データ/業種別企業価値マルチプル・レポート

『CPC負債コスト/企業価値マルチプル関連データ』ご発注手順 ▼

  1. 「購入する」を選択し、お申込みフォームに必要事項を入力の上、
    「入力内容を確認」および「個人情報の取扱いに同意して送信」をクリックください。

  2. 自動返信メールをお届けします。30分以上経っても届かない場合は、未処理の可能性がございますので、お手数ですが、事務局(休日を除く月曜日~金曜日の10時~17時)までご連絡をお願いします。

  3. 電子メールに添付し、PDF形式のレポートを納品いたします。
    お申込みから数日内(年末年始等を除く)にお届けします。

  4. 請求書を郵送します。21日以降は翌月のご請求となります。

  5. 請求書に記載の口座に、代金をお振り込みください。
    振込手数料が発生しない、コンビニからのお支払いも可能です。




商品・
レポート名
業種別企業価値マルチプル・レポート
(Japanese Individual Industry EV Multiple Valuation Data Report)
内容 約150種の詳細業種区分における、5つのマルチプル評価指標の評価倍率、各指標の評価ウエイト(重み付け)、類似企業における評価倍率および企業価値推定値。

企業価値/直近決算EBITDAのように簡易に算出されたマルチプル数値ではなく、現在の株価を最も良く表現し、株価推定業務に信頼してご利用いただくためのデータ・セットを提供します。

  1. 予想値ベースマルチプル(企業価値評価倍率および株価評価倍率):情報提供時点から1年間の業績予想を用いた業種別マルチプル数値です。
  2. 重み付け(業種毎):実際の株価推定にあたり、どのマルチプル指標が効果あるのかを示します。
  3. 決定係数(業種毎):実際の株価と、マルチプル数値を用いて算出した推定株価の、当てはまり度合いを統計的に示します。
非上場企業の企業価値推計、将来決算予想値に基づく企業価値推計等にご活用ください。
提供データ
業種
類似企業は小業種

類似
企業
企業数直近
月末
評価
倍率

重み
付け
売上倍率
営業利益
倍率
EBITDA
倍率
PBR・PER
月次
推移
決定
係数
株式時価
総額(実績
vs.推定)
月次
推移

  • ※は小業種の時価総額上位15社も○。
  • 評価倍率および重み付けは、将来12カ月予想利益ベース。
  • 選択した小業種および属する中業種、大業種のマルチプル、重み付け、決定係数が提供されます。
発行 月次
定価(税抜) 1業種 38,000円
注文の際に
必要な情報
  1. 業種区分一覧表の小業種区分から選択した業種番号
  2. 類似企業の証券コード(10社まで)
    ※類似企業の選出にあたっては、無料で
     スクリーニング作業のサポートをいたします。
その他 更に細分化した独自業種区分(500業種区分超)の企業価値マルチプルについても、個別に対応いたします。(別オプション料金)
  • 業種構成企業:金融関連除く、過去18カ月存在した上場企業(最近時点の株式時価総額がない場合は除外)
  • 企業価値評価倍率
    売上倍率企業価値/予想売上
    営業利益倍率企業価値/予想営業利益
    EBITDA倍率企業価値/予想EBITDA
    企業価値株式時価総額+有利子負債-現預金・短期保有有価証券
    株式時価総額データ配信の前月末日の株式時価総額
    有利子負債長短借入金+社債+手形割引高
    ※予想売上、予想営業利益、予想EBITDAは、東洋経済新報社提供の業績2期予想に基づ
     いて、期間按分を行った将来1年予想加工値(但し、減価償却費は直近実績値を使用)。
  • 株価評価倍率
    PBR = 株式時価総額/予想自己資本
    PER = 株式時価総額/予想税後当期利益
    ※予想税後当期利益の生成方法は、上記の予想売上等と同様。
     予想自己資本は、直近実績値に予想税後当期利益を加算した加工値。


概要 業種別DC マルチプル 個社DC
導入をご検討のお客様は、お気軽にお問合せください このサービスに関するお問合せ
導入事例
大学・教育機関の導入事例
募集中のセミナー
日経テレコン
採用情報
ページ先頭へ