料金・サポート

  • TOP
  • 料金・サポート

Price

ご利用料金は「月額基本料金」と「情報利用料金」(従量料金制)があります。
ご契約時の初期費用として、「当初料金」(月額基本料金2カ月分)をいただいております。
また、ご契約途中でID数が増加となる場合、増加ID分にかかる基本料金の2ヶ月分を追加で申し受けます。

当初料金
ご契約時のみ 月額基本料の2ヵ月分
月額基本料金
利用ID数
1 ID 8,000円
2~5 ID 7,000円
6~20 ID 6,000円
21~50 ID 4,000円
51~100 ID 3,000円
101~200 ID 1,000円
201 ID 500円
情報利用料金
メニューによって異なります。

(すべて税別)

  • ・「当初料金」および「月額基本料金」は上記の通り、ご利用ID数が増えるにしたがって適用単価が下がるボリュームディスカウント方式を採用しています。2ID以上の場合、積み上げ方式で計算します。たとえば20IDご利用では「月額基本料金 」は(8,000円×1)+(7,000円×4)+(6,000円×15)=12万6,000円となります(税別)。
  • ・101ID以上の全社・事業所内でのご利用や101ID以上のご契約については、別途、お問い合わせください。
  • ・「月額基本料金」はご利用の有無にかかわらず、毎月お支払いただきます。
  • ・毎月のご請求は「月額基本料金」 に「情報利用料金」をあわせた金額(税別)となります。
Usage Fee

ご利用になった情報・媒体の単価と量に応じてお支払いただきます(従量料金制)。
コンテンツごとの単価は料金表でご確認ください。

メニュー 媒体 見出し 本文 PDF
記事検索
日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJ(流通新聞) 無料 200円 (*1)
朝日新聞、毎日新聞(*2)、読売新聞、共同通信ニュース、時事通信ニュース 5円 100円 -
産経新聞 5円 100円 200円
北海道新聞(*2)、河北新報、東京新聞、中日新聞、西日本新聞 10円 150円 150円
化学工業日報 40円 400円 -
日刊工業新聞 10円 200円 200円
日経ビジネス(*3)、日経トップリーダー、日経マネー 10円 200円 (*4)
週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト 10円 200円 (*5)
企業検索
日経会社プロフィル 無料 900円 レポート:
300円/社
東京商工リサーチ企業情報 無料 1,200円
抄録:100円/社
-
帝国データバンク企業情報 無料 1,600円 -
金融工学研究所企業リスク情報、AGS企業リスク格付 無料 1,000円(*6) -
日経財務情報 無料 400円(*7) -
ニュース
日経速報ニュース 無料 50円 (*8)
きょうの新聞
日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJ(流通新聞) 無料 50円 200円
最新の雑誌
日経ビジネス 無料 200円 (*4)
週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト 無料 200円 (*5)
人事検索
日経WHO'S WHO 無料 350円 200円
東京商工リサーチ経営者情報 無料 300円 -
ダイヤモンド役員・管理職情報 無料 400円 -
English Menu
Nikkei Major Articles、Nikkei Asian Review 10円 100円 -

(価格は単価、すべて税別)

  • (*1)切抜きイメージ(1988年6月以降):200円、紙面イメージ(1974年以前):600円
  • (*2)写真出力:20円(サムネイル無料)
  • (*3)日経ビジネス 創刊号(1969年10月)~1989年12月、PDF:400円
  • (*4)ページ数に応じる 1~2ページ300円、以降3ページ以上は一律500円
  • (*5)ページ数に応じる 1~2ページ200円、以降3ページ以上は一律300円
  • (*6)「格付変更通知メール」に登録すると、登録した翌月から1件につき200円課金
  • (*7)日経財務情報:1期1表につき400円、初期設定では単独本決算=4,800円(2期6表)、単独中間決算=4,000円(2期5表)、連結本決算=4,800円(2期6表)、連結中間決算=4,000円(2期5表)
  • (*8)関連資料(PDFや画像など):無料
Support

「操作方法がわからない!」「 もっと使いこなしたい! 」という方はぜひ、「日経テレコンスクール」をご利用ください。
パソコンを操作していただきながら、専門講師が説明します。

  • スクール
    日経テレコン定例スクール
    • 事前登録制です。
    • 東京・名古屋・大阪・福岡の4会場でご契約者様を対象に無料で開催、目的やレベルにあわせてコースを選択いただけます。
    • 日程の確認や参加申し込みは日本経済新聞社のスクールご案内ページで承ります。次の「テレコンスクールのご案内」をクリックしてください。

    ※日本経済新聞社のウェブサイトに移動します。
  • 講習
    訪問/カスタマイズ講習

    定例スクールのほかに、お客様のオフィスにうかがい、「日経テレコン」の操作方法や活用方法を紹介する、訪問/カスタマイズ講習・説明会も承ります。受講料は無料。講習内容についてお気軽にご相談ください。

    訪問/カスタマイズ講習に関するお問い合わせ先

    日経メディアマーケティング株式会社
    TEL:03-5295-6227 E-mail:t21support@nikkeimm.co.jp
    【営業時間】9:00~17:30(土、日、祝日、年末年始除く)
「日経テレコン」のIDを複数名で共同利用することはできるのでしょうか?
ご契約いただいた部署内において共用できます。
ただし、同時にログインできる端末は1台で、1人がログインしているときはほかの人はログインできません。
教育機関向けのプランはありますか?
学校法人様向けのご利用プラン、料金プランを用意しております。
また、大学図書館やキャリアセンターなどでの利用プランもございます。詳細はこちらをご覧ください。
どのような支払い方法がありますか。
お支払い方法は請求書払いまたは口座振替から選べます。
請求書は郵送またはWeb請求書「日経MM 請求書閲覧サービス」をご利用いただけます。
Web請求書「日経MM 請求書閲覧サービス」とは何ですか?
請求書をWEBサイトでご確認いただける、日経メディアマーケティング独自のサービスです。請求書はWebサイトからPDF形式で、閲覧・ファイル保存・印刷ができます。月末締め請求の場合、翌月3営業日朝9時に閲覧可能です。詳細はこちらをご覧ください。