活用シーン

  • TOP
  • 活用シーン
  • Scene 1
    取引先企業のコンプライアンス
    チェック

    取引先企業の不祥事や法令違反のチェックに記事情報の検索が役にたちます。日経各紙をはじめ、全国紙や一般紙、専門紙、スポーツ紙などを対象にネガティブワードと企業名を掛け合わせて記事検索を実施することで瞬時にチェックできます。

  • Scene 2
    提携先の与信管理

    「日経テレコン」では「帝国データバンク」「東京商工リサーチ」の企業情報をはじめ、38種類の企業情報データベースを一度に検索できます。140万社以上の企業情報を収録、特に独自の採点基準でつけられた「評点」は与信管理の参考になります。
    日経メディアマーケティングから「日経テレコン」をご契約いただいているお客様には「TSR REPORT」を特別料金で提供します。

  • Scene 3
    自社記事、同業他社記事の検索

    自社記事や同業他社の記事など定期的に情報収集したいテーマはクリッピングのためのキーワードとして登録しておけば、最新記事を自動的に検索し、収集することができます。クリッピングした結果をメールで配信するサービスも手軽で便利です。

  • Scene 4
    最新の人事異動情報・人物プロフィルの収集

    取引先の人事ニュースやプロフィルは見逃せない大切な情報です。訪問する際、必ずチェック、経歴や趣味など商談の糸口としても貴重です。「日経テレコン」は新聞では掲載されない次課長級、子会社間の人事も収録しています。自動的に取引先の情報だけに絞り込んで、新着情報をメールで取得することもできます。

  • Scene 5
    グローバルビジネス支援の情報源

    現地メディアの翻訳記事や産業レポートなど海外進出に必要な現地の情報も豊富にそろえており、記事検索を使って、日本語で収集できます。海外企業との取引を進める場合には、「D&Bグローバルプロファイル」「エクスペリアン企業調査レポート」の企業概要や倒産リスク情報などが企業評価・分析に役に立ちます。
    日経テレコンと米ダウ・ジョーンズ社の「FACTIVA」(ファクティバ)が同じIDでご利用いただける「日経テレコン+FACTIVA」サービスもあります。