NIKKEI Media Marketing

不動産投資の考え方と実務~オリジナル・ケーススタディ 20191120

  • 不動産投資の考え方と実務~オリジナル・ケーススタディ 20191120
概要 Outline

早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター「インベストメント・バンキング講座」不動産投資の考え方と実務~オリジナル・ケーススタディ 20191120

M&A系実務/半日(3h)

日時 2019年11月20日(水) 13:30~16:30
プログラム
概要
 不動産投資ファンドがどのような投資活動を行っているのか、その投資対象や投資基準、キャッシュフロー分析の手順などについて学習します。また、日本にも定着したリート(不動産投資法人)についてもわかりやすく解説し、一般的にリスクが高い投資対象とのイメージがある不動産投資を正しく理解することを目的としています。
講師 黒田 利也(元オークツリージャパン合同会社 日本代表 マネージング・ディレクター)
会場 早稲田大学26号館(大隈記念タワー)7F
東京都新宿区早稲田鶴巻町516
受講料 27,000円(税込)
コンテンツ Contents

Session 1 不動産投資と不動産サイクル 13:30~14:30(60分)

  • 1. 不動産投資の基礎
    • ・ なぜ不動産投資?
    • ・ 不動産投資の仕組み
    • ・ 不動産投資の変遷~投機から投資へ
    • ・ 不動産投資のリスク~リスク項目とリスク要因
    • ・ 日本の不動産市場の2極化とリスク比較
  • 2. 不動産マーケットのサイクル
    • ・ 4つのフェーズ
    • ・ 不動産マーケットの循環
    • ・ 18年サイクル
    • ・ 日本の不動産市場はピーク?
  • 3. 不動産投資ファンド
    • ・ プライベート・エクイティ不動産投資
    • ・ 不動産ファンドの投資スタイル~4つの投資戦略とその特性
    • ・ 投資対象物件と対象地域
    • ・ 投資のタイミング
    • ・ 日本の不動産投資プレーヤー

Session 2 不動産投資の実務 14:30~16:00(90分)

  • 1. ステップ1~ 適正価格(プライシング)
    • ・ 物件情報とマーケット情報~レントロールとOperating Statement
    • ・ Mark-to-MarketとPro Forma NOI
    • ・ 物件価値
    • ・ キャップレート
    • ・ キャップレート計算演習
    • ・ 物件タイプ別キャップ・レートと相対的リスク
  • 2. ステップ2~ キャッシュフロー分析
    • ・ 投資期間のキャッシュフロー
    • ・ 出口戦略
    • ・ IRR/Cash-on-Cash Return/MOIC
  • 3. ステップ3~ センシティビティ分析
    • ・ 投資判断
    • ・ デット(借入れ)の活用~メリットとリスク

Session 3 J-REIT(不動産投資信託) 16:00~16:30(30分)

  • 1. リートって何?
    • ・ リートの仕組み
    • ・ リートの種類
    • ・ 上場リートと私募リート
    • ・ リートの日米比較
  • 2. リートの買い方
    • ・ 収益力:分配金利回り
    • ・ 適正価格:P/NAV
    • ・ 流動性:出来高
  • 3. スポンサーと利益相反のリスク
料金 Price

27,000円(税込)

早稲田大学FM&IB講座事務局(TEL.03-5295-6240/wasedafmib@nikkeimm.co.jp)の営業時間は、休日を除く月曜日~金曜日の10時~17時です。上記ご案内は2019年 7月19日時点での予定です。日程・講師・内容・時間割等は、都合により変更させていただく場合がございます。