NIKKEI Media Marketing

資金調達の実務~オリジナル・ケーススタディ 20191112

概要 Outline

早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター「インベストメント・バンキング講座」資金調達の実務~オリジナル・ケーススタディ 20191112

基礎/1日集中(6h)

日時 2019年11月12日(火) 10:00~13:00・14:00~17:00
プログラム
概要
 代表的な金融プロダクトである債券、株、CBがどのような背景で発行されているのか特徴やポイントを踏まえて概説します。市場とのコミュニケーション(IR)や、格付けについても触れます。本テーマは、実務講座群のエクイティ・ファイナンス、IPO、M&Aファイナンス、ベンチャーファイナンス受講の前提になる基礎知識を1日集中で習得することを目的とします。
講師 三浦 毅司(元クレディ・スイス証券 株式調査本部 ヴァイス・プレジデント)
早川 亮(元ドイツ証券 株式資本市場部 ディレクター)
会場 早稲田大学26号館(大隈記念タワー)7F
東京都新宿区早稲田鶴巻町516
受講料 48,000円(税込)
コンテンツ Contents

Session 1 デッドファイナンス 10:00~11:00(60分)

三浦 毅司(元クレディ・スイス証券 株式調査本部 ヴァイス・プレジデント)

  • 1. 銀行借入と社債~主な特徴
  • 2. ALM(Asset Liability Management)
  • 3. 社債の種類と発行手続き~プライシングの仕組みと実務
  • 4. 社債のプライシング

Session 2 債券格付け 11:00~13:00(120分)

三浦 毅司(元クレディ・スイス証券 株式調査本部 ヴァイス・プレジデント)

  • 1. 社債格付けの考え方~評価のポイント
  • 2. 評価に使われる主要財務指標
  • 3. 格付けと金利スプレッド
  • 4. 格付けとデフォルトの相関
  • 5. 実例を用いた練習問題

Session 3 エクイティ・ファイナンスの基礎 14:00~16:30(150分)

早川 亮(元ドイツ証券 株式資本市場部 ディレクター)

  • 1. エクイティ・ファイナンスの目的・留意点
  • 2. 投資銀行の役割~機能別役割とコンフリクト
  • 3. 主要エクイティプロダクト
  • 4. 資金調達選択肢の特徴~それぞれのメリット、デメリット
  • 5. 公募増資のストラクチャー
  • 6. 転換社債(CB)、私募型(MSCB)、他社株交換型(EB)
  • 7. IR活動とリサーチカバレッジの重要性
  • 8. 株価および企業価値へのインパクト
  • 9. 転換社債のプライシングメカニズム~債券価値とコールオプション価値
  • 10. 発行条件に影響を与える要素
  • 11. ケーススタディ

Session 4 IR(インベスター・リレーション) 16:30~17:00(30分)

早川 亮(元ドイツ証券 株式資本市場部 ディレクター)

  • 1. IR~適正なプライシング(企業価値評価)を獲得するために
  • 2. 機関投資家の類型と特徴~機関投資家の資金フロー
  • 3. ヘッジファンド
  • 4. 投資家は何を知りたいのか~よくきかれるポイント
  • 5. IRミーティング、ロードショーの実際~ロードショー・プレゼンテーション
料金 Price

48,000円(税込)

早稲田大学FM&IB講座事務局(TEL.03-5295-6240/wasedafmib@nikkeimm.co.jp)の営業時間は、休日を除く月曜日~金曜日の10時~17時です。上記ご案内は2019年 7月19日時点での予定です。日程・講師・内容・時間割等は、都合により変更させていただく場合がございます。