NIKKEI Media Marketing

日経バイオ年鑑2021

概要 Outline

パンデミックで再注目のバイオテクノロジー その産業動向の「今」と「未来」を一冊に

2020年12月8日(火曜日)発売 (日経BP発行)
 

 バイオテクノロジーが必要とされる場は医療だけではありません。化学、食品、農業、環境などの分野でも活用は広がっており、バイオ産業の市場規模は日本だけでも5兆円を突破しました。

 33冊目となる『日経バイオ年鑑』2021年版では、内容を全面的にリニューアルし、前版に比べて項目数を50以上増やしました。

 この一冊で、バイオテクノロジーの市場動向と研究開発の最新情報をフルカバーできます。

変化の激しいバイオ産業の動向を、どこよりも詳しく解説
01/ COVID-19に対するワクチン、治療薬、検査技術について、国内外の最新開発動向を詳説。
02/ 海外メガファーマ、日本の製薬・バイオ企業の業績データを分析し、その実力をデータ面から可視化。
03/ 成長が期待される化学・農業・食品・環境分野を大幅に拡充。現有市場規模だけでなく、将来展望も提示。
料金 Price

料金・内容

料金  書籍:99,900円(税込)
編集
  • 日経バイオテク
内容
  • B5、1128ページ
発行
  • 日経BP

購入者限定で本書のONLINE版もご利用いただけます

 本書に収録した全ての情報をWebでも閲覧できます。例えば、目次・個別項目から、物質や成果などの対象物質名から、開発段階の年月から、フリーワードの全文検索まで。様々な検索によって、必要情報が調べられる便利なデータベースです。アクセス権は2021年末まで有効です。