NIKKEI Media Marketing

企業メッセージ調査

概要 Outline

with コロナ、ニューノーマルの時代 貴社の企業メッセージはいまのままで大丈夫ですか?

国内最大規模、329の企業メッセージを2万9,000⼈以上の一般生活者が評価「企業メッセージ調査2020」

2020年10月28日(水)発売

 企業が自社のアイデンティーを示し、ブランドの確立やCSR(社会的責任)をアピールするためなどに発信している「企業メッセージ」。
 貴社の企業メッセージは世の中の人に知られていますか?その意図が上手に伝わっていますか?企業ブランドとしっかり結びついていますか?時代遅れになっていませんか?好感度アップにつながっていますか?………。
 日経BPコンサルティングの「企業メッセージ調査2020」はこの企業メッセージが一般の生活者にどのように受け止められているか、実際に調査してまとめたレポートです。
 今回は5年ぶりの復活、対象は329の企業メッセージ、2万9,000人以上の一般生活者の声を反映した、国内最大規模の調査です。
 それぞれの企業メッセージについて、認知度や理解度、好感度など幅広い角度から客観的に測定してデータに基づいて分析しており、自社やライバルの現状把握はもちろん、他業界でも具体的な成功例・失敗例やランキングなどを通じて、さまざまな知見が得られます。
 
日経BPコンサルティング「企業メッセージ調査2020」より
  • 「7割以上のメッセージがどこの企業が使用しているかを知られていない」(※1)
  • 「8割以上のメッセージは企業名を想起できない」(※2)
 
※1 セット認知率5%以下のメッセージが全体の70.2%  ※2 企業想起率5%以下のメッセージが全体の85.4%
 withコロナ、ニューノーマルの時代。ESG(環境・社会・企業統治)、SDGs(国連の持続可能な開発目標)経営の加速に向け、貴社の企業メッセージのブラッシュアップや広報活動の最適化などに役立つ答えがみつかります。

企業メッセージ調査の4つの特徴

2万9,000人以上が回答する大規模調査

 5年ぶりに復活した本調査では、211社、329のメッセージを2万9,000人以上の一般生活者が評価。国内最大規模の企業メッセージに関する調査です。

 

「329のメッセージ」を同一スケールで測定

 調査対象は、環境やCSRに関するもの、国内・海外に向けたもの、インナー向けなど様々なメッセージが含まれます。幅広いメッセージの中で、自社・競合メッセージの位置付けや特徴が一目瞭然です。

国内唯一のユニークな調査

 各企業の広報担当者などを対象に、事前調査を実施し、調査対象メッセージを収集。企業メッセージが適切な印象を与えられているかなどを判断できる日本で唯一の貴重な調査です。
 

広報活動・広告展開に役立つデータ

 一般生活者の企業メッセージへの認知度、接触率、理解度、好感度やイメージなどを網羅的に聴取。また回答者属性別の結果などから、自社のメッセージの強み・弱みを把握できます。

企業メッセージ調査でわかること

個別分析シートイメージ

メッセージと企業名の“浸透度”

「メッセージ」だけを⾒て、「発信企業名」を正しく答えられる⼈は何%︖
 掲⽰されたメッセージを⾒て、発信している企業名を当ててもらう「企業名想起」は、“このメッセージを発信している企業がどこであるか”を正しく認知している場合のみ正答となるため、より正確な浸透度を測ることができます。

メッセージの“印象”や“好感度”

訴求したい理念・イメージが、受け⼿に正しく伝わっているか︖
 メッセージに対するイメージを「信頼できる」「ビジョンがある」「覚えやすい」など合計16項目で評価します。また、メッセージ(⾔葉)そのものに対して、さらにはメッセージと企業名を併せて⾒せた場合、それぞれの好感度を把握し、メッセージそのものの魅⼒や、企業とメッセージのフィット感などを検証します。
 さらに、自由意⾒により、消費者のストレートな印象・感想を読み解くことにより、メッセージに対する評価をより具体的に把握することができます。
『企業メッセージ調査』企業名想起率ランキングTOP10
順位 メッセージ 企業名 想起率(%)
1
あなたと、コンビに、ファミリーマート
ファミリーマート
68.5
2
ココロも満タンに コスモ石油
コスモエネルギーホールディングス
(コスモ石油)
67.3
3
お口の恋人
ロッテ
64.0
4
新製品が安いケーズデンキ
ケーズホールディングス
53.0
5
あっという間にすぐに沸く、ティファール
グループセブ ジャパン
47.9
6
ヒューマン・ヘルスケア
エーザイ
37.8
7
I'm lovin' it
日本マクドナルド
37.5
8
マチのほっとステーション
ローソン
36.0
9
HITACHI Inspire the Next
日立製作所
30.4
10
ひとのときを、想う。JT
日本たばこ産業(JT)
29.8
調査対象 Survey

「企業メッセージ調査2020」調査概要

調査目的
  • ・一般消費者の企業メッセージへの認知、接触、理解、好感とイメージを測定する
  • ・企業メッセージがその企業を象徴したもの、代表性のあるものになっているか、また、効果的で適切なものかを判断する指標を提供する
  • ・効果を上げている企業メッセージに共通する要素や使用法を明らかにする
  • ・基本的なデータと、効果的な企業メッセージの選定、使用を考える上で役立つ情報を提供する

※企業メッセージについて
 この調査では『企業や企業グループが、自社のコンセプトや理念、姿勢、方針などを社外(消費者や取引先など)や社内(自社及びグループ企業の従業員)に伝え、浸透させるために全社的に一貫して使用しているフレーズや文言』という定義づけをしている
調査内容
  • ・各企業メッセージに対応する企業名を自由記入式で尋ねる設問
  • ・各企業メッセージの認知度、接触、好感、イメージ等の設問
  • ・回答者の属性(年齢、性別、職業)
調査対象
メッセージ数
329メッセージ(企業数:211社)
  • 「企業メッセージ調査2020」の「事前調査」にご協力いただいた企業のメッセージの中から選出
  • ※特定の事業のメッセージを含む場合もある
  • ※調査票及び報告書では、調査時点での企業名を用いた
調査方法/告知方法 インターネット調査/調査協力依頼メールを配信
調査対象者 全国の一般生活者(インターネットユーザー)
調査期間
  • ・2020年8月21日 インターネット調査開始(調査画面オープン)
  • ・2020年8月30日 インターネット調査終了(調査画面クローズ)
  • ・2020年10月28日 報告書発行
有効回答数 29,245件(1メッセージあたり平均、約531サンプル)
調査機関 日経BPコンサルティング ブランドコミュニケーション部
料金 Price

料金

価格 300,000円(税別)
納品形態 Excelマクロファイル、PDFファイル納品
※Microsoft Excelのバージョンは、Excel2010,2013,2016,2019をお使いください。
収録内容 ランキング表、個別分析シート(全体結果)、個別分析シート(属性別結果)、比較分析シート、回答者からの自由意見、調査概要、取扱説明書
ノミネート対象外の企業メッセージの調査や、企業ロゴ、サウンドロゴの評価調査も個別に承っております。
ご要望に応じてお⾒積りいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
提供:日経BPコンサルティング