NIKKEI Media Marketing

オックスフォード・アナリティカ 政治経済分析レポート

概要 Outline

「Oxford Analytica Daily Brief」、世界各地の政治経済情勢を分析 英文レポートを毎日配信

 「Oxford Analytica Daily Brief(OADB、オックスフォード・アナリティカ 政治経済分析レポート)」は1975年に設立された英国の国際規模のコンサルティング・調査会社Oxford Analytica社が毎日、世界の意思決定者に向けて発信するインターネットによる国際政治・経済分析レポートです。

 分析対象はグローバルな構造問題や地域問題、さらには特定の国に関する政治・経済情勢まで多岐にわたります。メディアが報道する事実内容だけにとどまらず、英オックスフォード大学の教授をはじめ世界各国に学者・研究者ら約1,400人にもおよぶアナリストが、深い見識と卓越した手法を駆使することで、高度な分析と予測を行っています。

 創業者であるデイビッド・ヤング(Dr. David Young)会長がかつて米国のキッシンジャー安全保障担当補佐官の下で活用していたノウハウが生かされており、まさに「インテリジェンス情報分析」と呼ぶにふさわしい高いクオリティーが維持されています。

特長 Features

特長

 Oxford Analytica社は英国オックスフォード大学を中心に、世界各国の大学や機関の研究者ら1,500人以上をブレーンとする国際的規模のコンサルティング・調査会社です。

 「Oxford Analytica Daily Brief」は創業者であるデイビッド・ヤング氏がホワイトハウス時代に培った情報収集技術・情報分析技術を応用して開始した国際政治・経済の分析レポートです。

 世界各地の日々の政治経済情勢について、毎日、Oxford Analytica社のリージョン担当者が事前の情報(新聞・ニュース・雑誌など)をあらかじめ収集し、会議の場で報告を行い、その中で非常に重要だと思われるテーマを絞り込み、そのテーマについて深く意見交換を行います。メディアが報道する事実内容ではなく、将来の予測を分析します。

 大学教授やアナリストなどと情報交換を行いながら、レポートの結論を導いていき、最終的には編集担当者が当日のレポートを作成します。

 この分析レポートは世界各地の政府機関、シンクタンク、金融機関などの顧客から非常に高い評価を得ています。

コンテンツ Contents

サービス

Oxford Analytica Daily Brief

  • Oxford Analytica DB
  • Financial DB/DB Seleciton Edition
  • Security&Defence DB
  • Regional DB
  • DB Executive Summary
 

 英国の土曜日・日曜日・祝日を除く毎日、世界の政治経済動向分析レポートをWebで閲覧できます。また、当日の国別の分析レポートタイトル及びエグゼクティブサマリーは、指定のメールアドレスで受信できます。もちろん、過去に遡ってキーワードやトピックス検索も行えます。

Global Risk Monitor

  • Global Risk Monitor(DB Subscribers)
  • Global Risk Monitor(non-DB Subscribers)
 

 Oxford Analytica社が選ぶTOP10のグローバルリスクを追跡して提供します。世界が直面するであろう、最も深刻かつ適切な地政学的リスク、マクロ経済のリスクについて追跡調査します。

レポート一覧 Reports

オックスフォード・アナリティカ・デイリー・ブリーフ 日本語訳サンプルを提供開始!

 日経メディアマーケティングは1日平均20本から30本程度更新されるOADBレポートの中から三宅豊氏が厳選し日本語に翻訳したものを、日本語訳サンプルとして毎月1回、2-4本、掲載しています。

 政治や経済、社会全般にわたり、日々起こる国際的なさまざまな事象の行方、さらには周辺国・地域、自国・企業への影響をどうみるべきか―。グローバルな視点で中・長期的なリスク管理などの政治・経営判断を下す際の有効な情報源として、OADBレポートは官民問わず、世界で幅広く利用されています。本サービスの一部を日本語訳で実際にお読みいただき、ぜひ、活用をご検討ください。

三宅 豊氏:Oxford Analyticaアドバイザー。東京都立大学(現・首都大学東京)法学部卒業。1962年、通商産業省(現・経済産業省)に入省。1994年、貿易局貿易保険課海外情報企画室初代室長。貿易保険事業のカントリーリスク・マネジメント体制作りに従事。1997年に退官。その後、貿易保険機構理事兼カントリーリスク研究所長、通産省「鉱業審議会」専門委員、日本貿易保険の初代監事を務めた。また、イギリスの王立国際問題研究所(RIIA)中東部の客員研究員として情勢分析の訓練を受けた。

日本語訳サンプル一覧

2018年 日本語訳サンプル

2018年 3月号
PDF 中国 西側民主主義国が直面する中国の見えざる影響力(power push)
オーストラリア 新しい規則の導入により、中国の対豪投資が削減される
オーストラリア 外国の干渉を排除する法案は部分的に緩和されるだろう
2018年 2月号
PDF オーストラリア 日豪体制は中国と敵対する(antagonize)
国際問題 人工知能(AI)が規制当局に挑戦する
中国・アメリカ トランプ大統領の対中国罰金制裁が米中貿易戦争の発火点になりかねない
2018年 1月号
PDF オーストラリア 新政策も中国の影響から自国を守る論争を決着させないだろう
中国 中国共産党が在中国外国企業の経営方針介入強化へ
中国 中国の新時代とは―――オックスフォード・アナリティカ国際電話会議 議事録要旨

2017年 日本語訳サンプル

2017年12月号
PDF アメリカ 2018年の米国外交政策の見通し
中国 2018年の中国政治情勢の見通し
2017年11月号
PDF 中国 トランプ政権下で高まる、ハイテク技術に関連する米中間の緊張
日本 日本のロボット産業の国際的優位性が低下するだろう
2017年10月号
PDF アメリカ トランプ大統領の政策が世界の核危機の緊張を高める
中国 人工知能(AI)が中国を変える
中国 中国の国境を越えたネット規制が変化を遂げようとしている
2017年 9月号
PDF 中国 新しい「国家情報法」が中国のスパイ活動に法的根拠
中国 中国の「検閲」当局がケンブリッジ大学へ圧力
中南米 二つの大洋を結ぶ鉄道建設が中南米貿易を活性化
料金 Price

料金

別途、お問い合わせください。

提供:Oxford Analytica(オックスフォード・アナリティカ)社