NIKKEI Media Marketing

資本コスト~オリジナル・ケーススタディ 20191122

概要 Outline

早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター「インベストメント・バンキング講座」資本コスト~オリジナル・ケーススタディ 20191122 ★新規開講

基礎/半日(3h)

日時 2019年11月22日(金) 13:30~16:30
プログラム
概要
 コーポレートガバナンスコードが改訂され、上場企業には、自社の資本コストを意識した経営戦略、経営計画を行うことが義務付けられました。 本テーマは、目下注目を集める一方で、一般にとっつきにくいといわれる資本コストについて理論的な背景を深く理解し、それに伴い実務への応用力を高めることを目的とします。 前半は基本概念、後半は実証分析とケーススタディという構成で、伝統的なCAPMを使う際の留意点から、個別銘柄の属性を考慮したファンダメンタルベータやサイズプレミアムといった、より高度なアプローチまでの一通りを、ロジックとデータを用い、実証を踏まえながら詳しく説明していきます。
 
講師 外尾 光法(大和証券投資信託委託 クウォンツ運用部 チーフ・クウォンツ・アナリスト)
会場 早稲田大学26号館(大隈記念タワー)7F
東京都新宿区早稲田鶴巻町516
受講料 27,000円(税込) ※ツール,データベンダー及びその関係者の方のお申し込みはご遠慮ください。
コンテンツ Contents

Session 1 資本コストとは何か 13:30~14:00(30分)

  • 1. コーポレートガバナンスコード
    • ・ スチュワードシップコードとの関係
    • ・ 投資家と経営者それぞれの見方
  • 2. PBRとROEの関係からの示唆
    • ・ ROE8%基準を市場はどのように見ているか
    • ・ ヒストリカルとクロスセクションでの比較
    • ・ グローバルでの比較
  • 3. リスクと資本コスト
    • ・ 損失確率と標準偏差
    • ・ 投資家のリスク回避と市場センチメント
  • 4. DCFモデル
    • ・ リスクの対価としての要求リターン
    • ・ 企業価値評価の推定誤差要因

Session 2 マーケットリスクプレミアムの推定とCAPM 14:00~14:40(40分)

  • 1. マーケットリスクプレミアムは誰が決めるのか
  • 2. ヒストリカル法
    • ・ 株式市場の実績リターン考察
    • ・ 長期的な視野と直近の状況
    • ・ グローバルでの比較
  • 3. インプライド法
    • ・ 市場のコンセンサスから逆算したリスクプレミアム
    • ・ イーストンモデルによる市場と業種別のプレミアム
    • ・ インプライド法の種類と特徴
  • 4. CAPMが成り立つ世界で企業価値評価をすると何が起こるのだろうか
  • 5. 前提条件と現実の差に起因する注意点
  • 6. ハードルレートとCAPM
    • ・ 上場企業と非上場企業は異なるのか

Session 3 ベータを推定する 14:40~15:30(50分)

  • 1. 銘柄ヒストリカルベータ
    • ・ 不安定な指標
    • ・ いくつかの改良
    • ・ 情報ベンダーが提供するベータ
  • 2. 業種ヒストリカルベータ
    • ・ 業種の特性を示したベータ
  • 3. ファンダメンタルベータ
    • ・ ファンダメンタルベータとは何か
    • ・ ベータを決める要因~業種と財務指標
    • ・ Barraモデルと株主資本コスト推定に適したベータ推定モデル考察
  • 4. ベータでは捉えられないプレミアム
    • ・ サイズプレミアム/カントリープレミアム
  • 5. ケーススタディ
    • ・ ヒストリカル法による推定
    • ・ ファンダメンタル法とボトムアップ法による推定

Session 4 サイズプレミアム検討 15:30~15:50(20分)

  • 1. サイズプレミアムの存在を検証する
  • 2. Fama-Frenchモデル
  • 3. ボラティリティはサイズプレミアムの代替となるか
  • 4. インプライド法による推定

Session 5 ケーススタディ~実際の株主資本コスト推定 15:50~16:30(40分)

  • 1. 各種手法で計算した資本コスト
  • 2. 異常な値が推定された時の対処法
    • ・ 業種ベータと個別銘柄ベータ
    • ・ 小規模企業の低資本コスト対処法
  • 3. 海外企業の資本コスト
    • ・ 先進国の場合
    • ・ 新興国の場合
  • 4. 未上場企業の資本コスト
  • 5. データの取得と一貫性
    • ・ 信頼性の高いベンダーの利用
料金 Price

27,000円(税込)

早稲田大学FM&IB講座事務局(TEL.03-5295-6240/wasedafmib@nikkeimm.co.jp)の営業時間は、休日を除く月曜日~金曜日の10時~17時です。上記ご案内は2019年 7月19日時点での予定です。日程・講師・内容・時間割等は、都合により変更させていただく場合がございます。