【第22回】日経BPコンサルティング調べ
企業ブランド「総合力」ランキング2016

株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、今年で16回目を迎えるブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン2016」の結果を発表した。調査は2015年11月から12月にかけて実施、回答者数は約5万6千人だった。一般消費者から企業ならびに製品・サービスの合計1,000ブランドについて評価を聞くBtoC編と、ビジネス・パーソンに500の企業ブランドについて評価を聞くBtoB編で構成。今回はBtoC編およびBtoB編の「総合力」ランキングと、新設の「ロイヤルティ評価」ランキングを紹介する。

■BtoC編「総合力」ランキングTOP20
  (1,000ブランド中)

順位 ブランド
2016 2015
 1位
 5位
Amazon アマゾン
 2位
 7位
Google
 3位
 2位
YouTube
  4位
  9位
キユーピー
  5位
13位
TOYOTA トヨタ自動車
  6位
23位
UNIQLO ユニクロ
  7位
24位
CUP NOODLE
カップヌードル
  8位
  6位
Häagen-Dazs
ハーゲンダッツ
  9位
40位
テレビ東京
10位
20位
Panasonic パナソニック
11位
  8位
Disney ディズニー
12位
  4位
STUDIO GHIBLI
スタジオジブリ
13位
  1位
7-ELEVEn セブン-イレブン
13位
34位
Microsoft マイクロソフト
15位
41位
DAISO ダイソー
16位
59位
ITOEN 伊藤園
17位
96位
kikkoman キッコーマン
18位
12位
USJ ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
19位
42位
glico 江崎グリコ
20位
84位
Windows

■BtoB編「総合力」ランキングTOP20
  (500ブランド中)

順位 企業ブランド
2016 2015
 1位
 1位
TOYOTA
トヨタ自動車
 2位
 4位
Panasonic
パナソニック
 3位
 4位
Google
  4位
 3位
ANA 全日本空輸
  5位
 17位
SONY ソニー
  6位
 7位
Apple アップル
  7位
 20位
HONDA 本田技研工業
  8位
 6位
SoftBank ソフトバンク
  9位
 9位
セブン&アイ・ホールディングス
  9位
 32位
Nintendo 任天堂
11位
 15位
OLC オリエンタルランド
12位
144位
NTT 日本電信電話
12位
 9位
SUNTORY サントリー
14位
 94位
JAL 日本航空
15位
 19位
Coca-Cola
日本コカ・コーラ
16位
 2位
7-ELEVEn セブン-イレブン
17位
124位
KDDI
18位
 12位
Asahi アサヒビール
19位
 47位
ジャパネットたかた
20位
 12位
三菱重工業

※BtoC編の「総合力」とは、「フレンドリー」「コンビニエント」「アウトスタンディング」「イノベーティブ」の
 4つの因子スコアからブランド総合力を算出したものです。
※BtoB編の「総合力」とは、「先見力」「人材力」「信用力」「親和力」「活力」の5つの因子スコアと企業評価項目から、
 ブランド総合力を算出したものです。

【BtoC編 調査結果より】一般消費者が企業ならびに製品・サービスの合計1,000ブランドを評価

アマゾンがBtoC編で初の首位。続くGoogle、YouTubeと、トップ3はIT系ブランド

BtoC編「総合力」ランキングでは、88.4ポイント(偏差値)を獲得したインターネット通販大手のアマゾンが、前回の第5位から評価を高め、当調査16年間の中で初めて首位の座に就いた。続く第2位は、前回第7位のGoogle、第3位は前回第2位のYouTubeで、トップ3はイノベーティブさが際立つIT系ブランドが独占した。

アマゾンの「総合力」を構成する4つの因子別スコアをみると、「イノベーティブ(革新)」で119.4ポイントと最も高い評価を得ており、同項目のランキングでも首位。前回の94.2ポイントから、25.2ポイントと大幅な伸びを見せた。2012年からは日本国内でTVCMを始めたほか、ドローンによる配送実験のニュースやCEOであるジェフ・ベゾス氏に関する書籍の発行など、消費者へのイメージ浸透を促すトピックも続いており、こうした複合的な要因が特に「イノベーティブ」を向上させ、今回の首位獲得に繋がったと考えられる。

キユーピーがBtoC編第4位で国内トップ。キッコーマンも急上昇。食品系の高評価が目立つ

第4位には、前回第9位のキユーピーが過去最高位でランクインし、国内ブランドの中では今回のトップとなった。健康や食の安全・安心に関心が集まる中、品質イメージも含む「コンビニエント」で首位のほか、「フレンドリー」でも第3位。長年一貫したトーンの広告展開を図ってきことに加え、2015年に発売90周年を迎えた「キユーピー マヨネーズ」のキャンペーンが奏功した模様だ。



【BtoB編 調査結果より】有職者がビジネス・パーソンの立場から500の企業ブランドを評価

トヨタ自動車が5年連続の首位。パナソニックが続く

BtoC編では「総合力」トップ10の半数が入れ替わったが、BtoB編では順位の変動が少ない。第1位は95.8ポイントを獲得したトヨタ自動車で、5年連続の首位。第2位は前回第4位のパナソニックで、2011調査で首位を獲得した以来の高い順位となった。第3位には前回第4位のGoogleが、第4位には前回第3位の全日本空輸が続く。今回トップ10に返り咲いたのは、ソニー、本田技研工業、任天堂の3社。いずれも数年ぶりとなる復活だ。

【ロイヤルティ評価 調査結果より】各ブランドに対する忠誠度を評価

六花亭、ビアンキ、トゥミなど、低認知ながらトップのブランドも

今回の調査では、ここまで述べてきたブランド価値評価とは別立てで、各ブランドに対する忠誠度をみるロイヤルティ評価を新設した。この評価では、愛されているブランドを知名度に寄らず的確に炙り出すため、各ブランドの認知者内での評価を相互比較している。BtoC編における結果(下記表)を確認すると、トップ10には認知率が90%に満たないブランドも多く入っている。中でも、「他者に勧めたい」と「今後に期待している」の2項目では、認知率が70%を下回っているブランドが、トップ10にそれぞれ6つランクインしている。こうしたブランドには、顧客との向き合い方について学ぶところが多いのではないだろうか。


■ロイヤルティ・ランキング コンシューマー市場(BtoC)編TOP10と認知度

  • 大ファンである、あこがれている
    順位 ブランド 認知率
    1 六花亭 69.9
    2 Häagen-Dazs ハーゲンダッツ 99.5
    3 SEIKO
    セイコー
    93.1
    4 TIFFANY&CO.
    ティファニー
    94.4
    5 STUDIO GHIBLI
    スタジオジブリ
    95.2
    6 Calbee カルビー 90.0
    7 コメダ珈琲店 78.9
    8 YEBISU
    ヱビスビール
    92.9
    9 YOSHIDA & CO., LTD.
    吉田カバン
    66.5
    10 HERMÈS エルメス 87.7
  • 利用(購入)したい
    順位 ブランド 認知率
    1 UNIQLO
    ユニクロ
    99.6
    2 KFC
    ケンタッキーフライドチキン
    98.9
    3 DAISO
    ダイソー
    97.4
    4 MOS BURGER
    モスバーガー
    91.2
    5 キユーピー 98.3
    6 BAND-AID
    バンドエイド
    86.7
    7 ITOEN 伊藤園 95.2
    8 楽天市場 98.4
    9 ニトリ 99.7
    10 NISSIN 日清食品 95.9
  • 最近使っており、満足している
    順位 ブランド 認知率
    1 7-ELEVEn
    セブン-イレブン
    91.7
    2 Tカード 93.2
    3 楽天市場 98.4
    4 DAISO
    ダイソー
    97.4
    5 宅急便 90.7
    6 UNIQLO
    ユニクロ
    99.6
    7 Google 93.3
    8 HEATTECH
    ヒートテック
    88.7
    9 ゆうちょ銀行 99.3
    10 Wikipedia
    ウィキペディア
    90.4





  • 他者に勧めたい
    順位 ブランド 認知率
    1 Bianchi
    ビアンキ
    18.5
    2 Kneipp
    クナイプ
    24.5
    3 Afternoon Tea LIVING アフタヌーンティー・リビング 42.3
    4 六花亭 69.9
    5 MOS BURGER
    モスバーガー
    91.2
    6 Häagen-Dazs
    ハーゲンダッツ
    99.5
    7 KALDI COFFEE FARM カルディコーヒーファーム 59.2
    8 KOKUYO コクヨ 94.6
    9 あきんどスシロー 67.6
    10 iPhone 95.6




  • 今後に期待している
    順位 ブランド 認知率
    1 TUMI トゥミ 29.6
    2 GIANT
    ジャイアント
    23.0
    3 TOBU 東武鉄道 69.3
    4 NTT 日本電信電話 90.4
    5 テレビ東京 97.3
    6 フジ医療器 37.7
    7 TOSHIBA 東芝 96.1
    8 Peach
    ピーチ・アビエーション
    60.4
    9 EPOS CARD
    エポスカード
    48.2
    10 Microsoft
    マイクロソフト
    95.7











(日経MM情報活用塾メールマガジン4月号 2016年4月11日 更新)

ページ先頭へ