日本経済新聞社が主催、日経デジタルソリューションセミナー<東京>

「マーケティング・オートメーション(MA)に活きるデータとは
 /営業力の強化は『見える化』から始まる」

2017年 6月30日15時15分頃、電子メールにて参加証をお届けいたしました。
お届けができていない場合は恐縮ではございますが、「seminar@nikkeimm.co.jp」にご連絡をお願いいたします。




マーケティングの現場で、営業支援ツールの進化を受けて、マーケティング・オートメーション(MA)やCRM、アカウント・ベースド・マーケティング(ABM)の考え方が急速に浸透しています。BtoB、BtoC問わず、その成功のカギをにぎるのが、正確なデータの分析や連携・フィードバックの仕組みの構築や運用といわれています。
本セミナーでは、デジタルマーケティングの専門家が実践で使えるデータの見極め方や活用法、ノウハウを実例を踏まえて解説します。また、人材コンサルタントが、効率的な営業力の強化に向けて、いま、必要な組織や人材、マネジメント方法について、具体例を交えて、特別講演します。日経からのプレゼン(『日経ValueSearch(日経バリューサーチ)』の導入事例はこちら)も予定しております。
ご多忙とは存じますが、是非この機会にご来場を賜りますよう、お願い申し上げます。


  • 講演1

    「マーケティング・オートメーション(MA)に活きるデータとは」
     アビームコンサルティング(株)デジタルマーケティング 本間 充氏


大手消費財メーカーを経て、2015年アビームコンサルティングに入社。多くのMarketingおよびDigital Marketingの経験と、データ分析の実績多数。東京大学大学院数理科学研究科客員教授。ビジネス・ブレークスルー大学客員講師。


  • 講演2

    「営業力の強化は『見える化』から始まる
     -3つの可視化 営業プロセス・ストーリー・キーマン-」
     (株)セレブレイン 代表取締役社長 高城 幸司氏

同志社大学文学部卒業後、リクルートに入社。6年間トップセールスとなった伝説の営業として有名。独立/起業の情報誌『アントレ』の立ち上げや人材ビジネスの責任者を歴任。その後、株式会社セレブレイン 代表取締役社長に就任。組織のマネジメント力向上、リーダー論、営業力について年間100回以上の講演実績あり。


ページ先頭へ