企業の女性活用度調査

企業の女性活用度調査2014

2015報告書 7月15日(水)発行

日経WOMAN2015年6月号の特集「女性が活躍する会社Best100」の基になった、今回で13回目の「企業の女性活用度調査」の詳細な報告書です。「管理職登用度」「ワークライフバランス度」「女性活用度」「男女均等度」の4つの視点、約50項目のアンケート結果を収録。【女性管理職比率】【女性平均勤続年数】【従業員規模別】【業種別】に回答結果を比較してご覧いただけます。
さらに、各業界のトップを含む、ランキング企業の中からベンチマークとなる20社の人事施策の詳細を紹介いたします。

2015年「女性が活躍する会社」 トップ20
1位 資生堂 11位 明治安田生命保険
2位 セブン&アイ・ホールディングス 12位 イオン
3位 ANA 13位 ヤンセンファーマ
4位 ジェイティービー 14位 カネボウ化粧品
5位 第一生命保険 15位 日本生命保険
6位 日本アイ・ビー・エム 16位 ソニー
7位 髙島屋 17位 みずほフィナンシャルグループ
8位 リクルートホールディングス 18位 日本イーライリリー
9位 パソナグループ 19位 大和証券グループ
10位 住友生命保険 20位 アクセンチュア
2015年「女性が活躍する会社」 業界別トップ
サービス(個人・事業所・公共)|ANA 保険・証券・その他金融|第一生命保険
建設・不動産|大林組 製造|帝人
食料品|サントリー・ホールディングス 情報・通信|日本アイ・ビー・エム
卸売・小売|セブン&アイ・ホールディングス 銀行|みずほフィナンシャルグループ
電機・機械・自動車関連|ソニー 化学・医薬品|資生堂

企業の人事、ダイバーシティ推進
の皆様

自社の女性活用度を確認する
ベンチマークとして

大学の就職課、キャリアセンター
研究機関の皆様

女性が活躍する企業が一目でわかる
就職活動の参考データとして

企業の女性活用度調査5つのポイント

  • 総合ランキングBest100 「管理職登用度」「ワークライフバランス度」「女性活用度」
    「男女均等度」Best10を掲載!
  • 各業界のトップを含む、ベンチマークになるランキング企業20社の先駆的な人事施策の詳細を紹介!
  • 企業の成長につながる効果的な女性活用策が一目でわかる!
  • ランキングの基になったアンケート回答結果、約50項目を一挙掲載!
  • 過去最多となる539社の企業が回答。規模別、業種別に企業の女性活用度がわかる!

調査内容

管理職登用度

女性役員の有無や人数、部長・課長・係長相当職における女性の割合、女性管理職数の増減、
女性管理職比率、女性の最高役職者の役職など

ワークライフバランス度

年間総労働時間、有給休暇取得率、女性・男性社員の育児休業取得率、女性管理職就任後の育児休業取得者の有無、育児・介護支援プログラムの有無、ストレスマネジメントやハラスメント対策の有無など

女性活用度

女性社員活用やダイバーシティ推進、ワークライフバランス推進のための専任組織の有無、
女性社員対象の研修制度などのプログラムの有無など

男女均等度

全社員に占める女性社員の比率、女性の平均勤続年数、既婚女性比率、子どものいる女性社員比率、女性社員の増減など

調査方法

調査方法 郵送法
調査期間 2015年1月中旬~2月中旬
調査対象 東証(1部・2部)・大証・名証の上場企業と、従業員100名以上の新興市場上場企業、および外資系を含めた有力未上場企業の計4,293社
有効回答社数 539社(回答率12.6%)
調査実施 日経BPコンサルティング

料金・内容

価格 5万円(税別)
内容 ・報告書(A4冊子、約300ページ)
・CD-ROM(1枚、Excel、PDF)

提供:日経BP社

特徴
導入をご検討のお客様は、お気軽にお問合せください このサービスに関するお問合せ
導入事例
大学・教育機関の導入事例
募集中のセミナー
日経テレコン
採用情報
ページ先頭へ