Webブランド調査2017-秋冬

2017年12月20日リリース!

国内主要500サイトをネットユーザー3万人以上が徹底評価
利用実態・意識を客観データで提示、ブランドの実力を分析


調査は年2回、毎回3万人以上のユーザーを対象に、サイトの利用状況や使い勝手、満足度などをインターネットでアンケート。500サイトのデータをすべて提供、多彩な切り口で分析し、その実力を比較検証できます。

2017-秋冬版から一部内容を改定しました。
ご要望の多かった回答デバイス(パソコン/スマートフォン)別クロス分析のほか、企業活動を評価する指標を新設、分析機能も強化しました。より多角的にデータをご活用いただけます。

日本最大規模のWebサイト総合評価『Webブランド調査』の特長

  • 調査は年2回のスピード対応。リニューアルやコンテンツ追加などの施策のBefore&After、効果測定や検証に最適
  • 50以上のチェック項目から自社サイトの「強み」「弱み」を把握。競合サイトとも比較可能
  • 口コミや企業好感度への影響などサイトの貢献度を数値化。マーケティングやブランディングを着実にサポート
  • 改善点や利用意向に関する自由意見を収録。ユーザーの「生の声」が聞ける

ノミネートリスト請求 パンフレット

2017-秋冬版の改定ポイント

  • 調査回答デバイス別/製品・サービス利用経験分析軸を新たに追加
  • 「調査回答デバイス別」では「スマートフォンからの回答傾向」「パソコン(PC)からの回答傾向」を個別に確認できます。また、運営主が販売・提供する製品・サービスの利用経験の有無をクロス集計軸として採用しました。サイトにアクセスする目的が異なる来訪者にあわせて、サイトをどのように構築していくか、その手がかりとしてお使いできます。

  • 事業活動や技術、取り組みに関する評価指標「態度変容:企業活動」を新設
  • 事業活動や技術、取り組みなどについてのコンテンツの「理解」「好感」を測る選択肢を追加し、「態度変容:企業活動」指数を新設しました。「態度変容:製品・サービス」指数とあわせ、Webサイトを起点とした企業・団体のコミュニケーションの効果を「マーケティング」と「企業活動」の両面から把握していただけます。

  • サイト特性のクラスタ分析、指数間相関分析を搭載
  • クラスタ分析は新たなベンチマークサイトの探索、指数間相関分析はKPI(重要業績評価指標)となる指数の向上に効果が高い指数の探索などにお役立ていただけます。

Webブランド指数ランキング Top10(2017年秋冬より抜粋)

■一般企業編(ネット専業企業除く)

順位 サイト名 Webブランド指数スコア(WBI)
一般企業内
全体
2017-秋冬
前回とのスコア差
1
5
サントリー
87.2
+11.4
2
8
ヤマト運輸
77.1
-0.9
3
11
森永乳業
72.2
+9.2
4
12
アサヒビール
72.0
+1.7
5
13
キリン
71.9
+0.6
6
14
Tサイト
71.5
-1.1
7
15
日本郵便
71.0
+5.2
8
16
パナソニック商品情報
68.5
+0.6
9
17
NTTドコモ
67.9
+5.8
9
17
無印良品
67.9
+7.5

特徴 詳細 料金
導入をご検討のお客様は、お気軽にお問合せください このサービスに関するお問合せ
導入事例
大学・教育機関の導入事例
募集中のセミナー
日経テレコン
採用情報
ページ先頭へ