インフラ産業


インフラ産業

特 徴

本レポートは、新興国へのインフラ輸出または拠点進出を検討する日本企業に対し、インフラ産業に関連する基本情報を提供することにあります。この目的に合わせて、以下の三つの点に配慮しました。
(1)インフラ産業に影響を与える外的な環境要因を整理すること
(2)インフラ輸出に影響を与える国際機関の動向に言及すること
(3)インフラ市場に当たる新興国のインフラ政策と計画を明らかにすること

新興国へのインフラ輸出を想定する際に重要な要素は、「産業構造」と「国策の変化」です。

これらから、インフラ産業は一般的な産業材と異なり、目先のユーザー・ニーズに応えるだけでは不十分といえます。
新興国ではモノが不足しており、新しい商品を作ろうとしています。その考え方を日本人や日本の企業が共有できるかどうかがその市場で勝つための鍵となるでしょう。

インフラ輸出戦略で掲げた目標を達成するためには、確からしい近未来を直視しなければなりません。具体的には、新興国における産業構造や主要なプレーヤーの動向、国の政策・計画です。本レポートはそれら重要な情報を網羅しています。


料金・内容

価格 30万円(税別)
内容

  • A4変型判、上製本、カラー、約300ページ
  • CD-ROM(本体に掲載された図表を収録)

提供:日経BP未来研究所

インフラ産業 半導体
導入をご検討のお客様は、お気軽にお問合せください このサービスに関するお問合せ
導入事例
大学・教育機関の導入事例
募集中のセミナー
日経テレコン
採用情報
ページ先頭へ