商圏センサス

首都圏、関西の商業施設・商業エリアの利用状況を測定!
地域特性に応じたマーケティングやプロモーション戦略に

「商圏センサス」では、商業施設・商業エリアの利用状況を提供します。対象は、首都圏居住者約1万6000人、関西居住者約7000人。利用者属性や嗜好データも提供。消費者がどこで「どのような」消費行動を取っているか、店舗や施設をどう使い分けているかなど、具体的行動を把握可能。出店計画や都市開発、交通・野外広告のプランニングなど、地域特性に応じた分析に活用できます。

商圏センサスの主な特徴

1. 主要な商業施設を網羅。年2~3回最新の調査データを提供

百貨店、ファッションビル、駅ビル、アウトレット、家電量販店など、主要な商業施設、商業エリアを測定。ASPサービスのため、すぐ利用できます。

2. 自社の店舗・施設だけでなく、競合施設との比較ができる

来店者調査だけではわからない「エリア内での消費者行動」や、競合店舗の併用利用実態が把握可能。イベント企画や広告出稿など、エリアプランニングに役立つデータを提供します。

3. リアルな消費者行動がわかる

利用者の居住地(市区町)、最寄り駅・路線をはじめ、競合・回遊施設、施設評価、メディア接触、利用ブランド、ライフスタイルなど、首都圏で約70項目、関西で約40項目で詳細分析が可能です。

特徴 詳細
導入をご検討のお客様は、お気軽にお問合せください このサービスに関するお問合せ
導入事例
大学・教育機関の導入事例
募集中のセミナー
日経テレコン
採用情報
ページ先頭へ