QUICK ESGサービス for Corporation

QUICK ESG Services for Corporation


日本版スチュワードシップ・コードの制定より、投資家と企業の対話の中で非財務情報の重要性が高まっている中、日本経済新聞社グループのQUICKは、2014年4月にESG研究所を設立、2015年2月に事業法人向けのESGアドバイザリーサービス『QUICK ESGサービス for Corporation』をリリースしました。
ESG専門アナリストが、VigeoEIRISの調査によるグローバル基準のESG評価データ、サプライチェーンデータ、アクティビストを含めた機関投資家の実質株主情報等を用い、競合他社分析をはじめ、企業のESG戦略課題に対してグローバル基準且つ最新のESG動向をふまえアドバイスをします。



『QUICK ESGサービス for Corporation』のサービス内容

 データカバレッジ
 ● 国内外企業2,000社(内、国内企業480社)
 ● E=環境15項目、S=社会24項目、G=ガバナンス11項目のスコア値
 ● レーティングはスコア値を元に、E・S・Gの各分野別と総合を5段階で評価
 ● 基本財務項目、サプライチェーンデータ
 ● 大株主(関係者、機関投資家、ファンド)

point_what

英国で30年の実績、VigeoEIRISのESGデータ&詳細レポート

point_what

世界の大手機関投資家が利用する、グローバル企業データ

point_what

QUICK ESGアナリストによるサポート&データ解説

point_what

EIRISメソドロジーの説明(背景と評価手法・基準等)

point_what

メンバーシップとして様々な特典

  • ESG企業分析Webサービス Official User IDを提供
  • 同業他社分析、Peer Group(ピアグループ)分析
  • アナリストアクセス(質疑応答やブリーフィング)
  • QUICK ESG研究所オリジナルレポート(グローバル最新動向や総合分析等)
  • メンバーシップフォーラムへの参加

疑問やニーズにお応えします

  • 投資家は、企業の開示情報のどこに注目しているのか知りたい
  • 自社の株主の投資哲学を知りたい。株主の保有銘柄分析をして欲しい
  • 海外企業年金がどのように責任投資を実行しているか、具体例が知りたい
  • ESGのスコアが上がると投資家の行動はどう変化し、株価にどのような影響を与えるのか知りたい
  • 社内でESGに関する勉強会を開きたいので、プレゼンテーションをやって欲しい
  • 業種内での自社ポジショニングは、ESG評価項目のそれぞれでどうなっているのか
  • 業種内で最も高い評価を受けている競合はどこか、その企業の取り組みが知りたい

料金

別途、お問合せください。

提供:QUICK

特 徴 詳 細
導入をご検討のお客様は、お気軽にお問合せください このサービスに関するお問合せ
導入事例
大学・教育機関の導入事例
募集中のセミナー
日経テレコン
採用情報
ページ先頭へ