オックスフォード・アナリティカ政治経済分析レポート

『Oxford Analytica Daily Brief』は、
世界各地の情勢に関する英文レポートを毎日配信


Oxford Analytica社は、英国オックスフォード大学を中心に、世界各国の大学や機関の研究者ら1,500名以上をブレーンとする国際的規模のコンサルティング・調査会社です。

『Oxford Analytica Daily Brief』は、創業者であるDr. David Youngがホワイトハウス時代に培った情報収集技術・情報分析技術を応用して開始した国際政治・経済の分析レポートです。


最新日本語訳サンプルはこちら

オックスフォード・アナリティカ政治経済分析レポートの特徴

オックスフォード・アナリティカ政治経済分析レポート

世界各地の日々の政治経済情勢について、毎日、Oxford Analytica社のリージョン担当者が事前の情報(新聞・ニュース・雑誌等)を予め収集し、会議の場で報告を行い、その中で非常に重要だと思われるテーマを絞り込み、そのテーマを深めた意見交換を行います。メディアが報道する事実内容ではなく、将来の予測を分析します。

大学教授やアナリストなどと情報交換を行いながら、レポートの結論を導いていき、最終的には編集担当者が当日のレポートを作成します。

この分析レポートは、世界各地の政府機関、シンクタンク、金融機関等の顧客から非常に高い評価を得ています。


サービス

Oxford Analytica Daily Brief

  • Oxford Analytica DB
  • Financial DB/DB Seleciton Edition
  • Security&Defence DB
  • Regional DB
  • DB Executive Summary
英国の土曜日・日曜日・祝日を除く毎日、世界の政治経済動向分析レポートをWebで閲覧できます。また、当日の国別の分析レポートタイトル及びエグゼクティブサマリーは、指定のメールアドレスで受信できます。もちろん、過去に遡ってキーワードやトピックス検索も行えます。

Global Risk Monitor

  • Global Risk Monitor(DB Subscribers)
  • Global Risk Monitor(non-DB Subscribers)



Oxford Analytica社が選ぶTOP10のグローバルリスクを追跡して提供します。世界が直面するであろう、最も深刻かつ適切な地政学的リスク、マクロ経済のリスクについて追跡調査します。

料 金

別途、お問合せください。

提供:Oxford Analytica(オックスフォード・アナリティカ)社
導入をご検討のお客様は、お気軽にお問合せください このサービスに関するお問合せ
導入事例
大学・教育機関の導入事例
募集中のセミナー
日経テレコン
採用情報
ページ先頭へ