社長メッセージ

信頼のおける質の高い情報をご提供します

日経メディアマーケティング株式会社 代表取締役社長 大村泰

 日経メディアマーケティングは日本経済新聞社の100%出資子会社で、グループの中核的なデジタル営業会社です。多種多様な情報が氾濫するネット社会にあって、良質なコンテンツや正確なデータを最適な形でご提供することが使命と考えています。新聞・雑誌記事や人事情報などを網羅したビジネスデータベース「日経テレコン」、「日経スマートクリップ」をはじめ、仕事に使える経済・企業情報「NEEDS」や、企業・業界を素早く多面的に分析できる情報ツール「日経バリューサーチ」、「日経POS情報」、「日経人事ウオッチPro」、「日経電子版Pro」、グループ各社の商品など100を超すサービスを扱っています。ご利用いただいているお客様は1万近くに達しました。これからも皆さまのニーズに沿う形で、お役立ちできるよう精進してまいります。そのためのキーワードを三つ掲げます。

 一つ目は「ソリューション」です。お客様の「不(足りない点、困っている点)」を解消する「問題解決型営業」を目指します。正確で多様な商品知識を持った営業社員がお客様のニーズや課題を的確に掴み、カスタマイズした提案をする「ソリューション営業力」、「コンサルティング営業力」を磨きたいと考えています。

 二つ目は「グローバル」です。日経のパートナーとなった「Financial Times(FT)」や英文複合媒体「Nikkei Asian Review(NAR)」をはじめ、海外の有力デジタル事業会社とアライアンスを組んでグローバル時代に不可欠な海外情報をご提供しています。日経の「グローバル・アンド・グロウス」戦略の推進役を目指します。

 三つ目は「チャレンジ」です。お客様の声をヒントに新しい事業領域への進出に挑戦していきます。あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」や、人工知能(AI)、データマイニング、自動翻訳、ソーシャルネットワーク(SNS)......。目まぐるしく進化する新技術を活用し、お客様のシステム環境に適合させたサービスを提供してまいります。

 企業にとって、社会にとって「マスト」な存在に――。「multi」、「seamless」、「one-stop」を組み合わせた「MUST戦略」が私たちの旗印です。「マルチ」な商品・サービスを、「シームレス」に、「ワンストップ」でご提供する意味を込めました。企業の経営・成長戦略、国際競争力の強化、大学や学生の的確な情報収集と活用、官公庁の政策立案に少しでも役立つ存在になりたいと考えています。引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

ページ先頭へ